脇下の皮膚が黒ずむ原因とは

意外と見られている脇の下、きちんとムダ毛を処理している人は多いともいますが、気になるのが黒ずみやくすみです。実は脇の下の皮膚ってとってもデリケートなので、脇下のには黒ずみやくすみができやすいんですよ。では、いったいどのようなことが具体的にはどのようなことが脇下の黒ずみの原因になっているのでしょうか。
脇の下が黒ずむ原因はいろいろなことが考えられます。

ムダ毛の自己処理の失敗

脇の下のムダ毛処理を自宅で行うとき、一番簡単なのはカミソリや毛抜きを使ったやり方でしょう。しかし、これを毎日のように行っていると、デリケートな脇下の皮膚を傷つけてしまうことがあります。

カミソリやで毛を剃ると、肌の角質まで剃り落していまい、皮膚がダメージを受け炎症を起こすこともあります。また、毛抜きで毛を抜く方法は、毛穴の奥を傷つけてしまい、ぶつぶつ目立ってしまうことも。

摩擦などの刺激

脇の下は運動量が多い部分でもあり、皮膚の摩擦も起こります。また、お風呂でごしごし洗うことも、脇下に刺激を与えすぎることになります。その他、下着の締め付けで肌が蒸れたり摩擦し黒ずみになることがあります。

脇下の皮膚の乾燥

脇下というと汗をかきやすくべたついている印象があるかもしれません。しかし、汗をかいた後は肌の水分がいっしょに蒸発するので、お肌の乾燥が進んでしまうこともあります。乾燥した肌は、バリア機能が落ち荒れやすい状態になっています。このため、肌のターンオーバーが乱れくすみが起こることもあるんです。

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

日常生活で感じるストレスによって、ホルモンのバランスが崩れることがあります。ホルモンバランスが乱れると肌は色素沈着を起こしやすくなり、そのため黒ずみの原因になることがあるのです。食生活や生活習慣も気をつけたいですね。

汚れによる刺激

脇の下は、常に汗をかきやすい部分です。寝ている時や寒い時でも、知らず知らず汗をかいているだけでなく、皮脂の分泌も多いです。この皮脂と汗が混じり合うと、毛穴につまりやすくなり、それが原因で黒ずみが起こっていることがあります。

また、制汗剤の使用が皮膚の毛穴つまりを増長しくすんでしまうこともあります。

黒ずみになる原因を排除して脇の下の美白を

いかがでしょうか。脇の下に黒ずみができる原因を掘り下げてみました。この中で、自分の原因はこれかも、というものがあれば、それを排除していくことが黒ずみ対策につながります。脇下の黒ずみを解消のために、参考にしてみてくださいね。

関連記事です